読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

emi’s blog 

日本一ゆるい、グルメブログ&ゆるーい生活

大阪駅で暇ならいいオーディオで音楽鑑賞しよう【コーポレートショールーム パナソニックセンター大阪】

音楽 こうしてます(工夫・知恵)

初めてグランフロントにあるパナソニックショールームに行ってみました

 

無料で本が読めたり、カフェがあったり色んなものが見れてすごい!!

中でも私のオススメはこちら。

 

テクニクス リスニングルームがすごい!

f:id:emi-m-ek07:20160910171621j:plain

 

 

f:id:emi-m-ek07:20160910171653j:plain

 

 

f:id:emi-m-ek07:20160910171726j:plain

 

すごいオーディオで、音楽が聴けます!もちろんタダ。

この部屋にあるオーディオ機材だけで800万円、この部屋自体も500万円するんだとか。ケーブルなども含めるともっと高い(;^_^A

 

しかも、この部屋の中にはレコードが1,000枚もあるそう。だから、リクエストして、その曲のレコードがあればかけてもらえます。

ハイレゾ音源も500曲ぐらいあるそう。

 

ハイレゾ音源とは?

ハイレゾハイレゾリューションの略。

ハイレゾ音源というのは、CDの6.5倍の情報量が入っていて、人間の耳では聞き取れないような音もはいっているんだとか。

 

私は無知なので「聞こえないなら意味ないやん」って思ったのですが、その聞こえない音は以下の方法によって体で感じられるのだそう。

2つの説があるとか。

コンシェルジュに話を聞いたまま書いていますが、私の理解がまちがってたらごめんなさい

 

・肌で感じて脳に伝える

骨伝導によって感じる

 

聞こえない音も体感しているので、低音をお腹にどーんと感じるような迫力や、ライブのような臨場感を感じられます。

 

とりあえず、ここにはマスターテープから編集して、ハイレゾ音源にしたものが500曲あるということですね。ジャズ、クラシック、ジブリ、日本の歌謡曲などなどあるそうです。

私は山口百恵いい日旅立ちを聞いちゃいましたよ!笑

 

実はレコードもCDの倍ほどの音の情報量をもっているそうです。ただしノイズもあるとの事。

 

「ライブのような臨場感」といえども

やはり、ライブのような臨場感がある!といえども、実際の生演奏とは違います。実際の生演奏をオーディオで再現するのは不可能だそう。

生演奏で楽器や人から発される音がその場にあって混ざり合うのと、ミキシングされたものをオーディオから聞くのだから違って当然ですが。

どれだけオーディオが発達しても、生演奏あっての音源、オーディオなのです。

 

オーディオが欲しくなった

私は家で音楽を聴くときは、パソコンのスピーカーかiPodに付属されていたイヤホンくらいのもの。

それどころか最近あんまり音楽を聴かなくなってきているかも。

こんないいオーディオで聞いちゃったら、いたたまれない気持ちになってきました、、、

あ〜、ここまで高級じゃなくてもいいからオーディオが欲しいよー(T . T)

 

というわけで

コーポレートショールーム パナソニックセンター、おすすめです!!

www.panasonic.com