読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

emi’s blog 

日本一ゆるい、グルメブログ&ゆるーい生活

生き様は一日にしてならず。

思うこと

今日、なにげなくFacebookを見てたら、なんか友達らしき人の写真が上がってきた。

よーく見たら、苗字は変わってたけど中学生のころの友達だった。

 

私はその友達に、少し憧れを抱いていて。何年か前までFacebook繋がっていたのですが、確かFacebook辞めるって言って友達のリストからいなくなってしまって。

特に気にする事もなく2年くらい過ぎたんですが、偶然発見してうれしく思い友達の申請をしてみました。すぐ承認してくれた。

 

私がなぜその友達に憧れているかというと、自分の知らない世界を知っていてたくさんの経験をしているから。

 

学生のころはバックパッカーをしてたようでFacebook上には海外の写真がたくさんあって。

いろんな職業を転々としたり、結婚も離婚もしていて。

もう小学生になる子供もいて、またその子がすごくかわいい。

でもやっぱり大変なことも沢山あると言ってて。

「母と子」っていうよりともに戦う「戦友」ってよくその友達は書いているけどまさにそんな感じ。

いろんなことを受け入れて、乗り越えている様子がパソコン越しに伝わってきて、なんか生き様がかっこいい!と思ってすごく憧れていた。

 

2年前にFacebookで繋がっていた頃、また会って話してみたいなーと思っているうちにFacebookからいからいなくなってしまった。

 

私の中ではその時の情報で止まっていたのですが、今日その友達のFacebookを見て、状況の変わりっぷりにびっくり。

仕事も忙しく、再婚してまた全然違う場所へ引っ越してた。

子供も、2年前の雰囲気のまんまで成長してて。

へぇ~!!ってなった。

 

中学生の頃なんて、みんな同じように毎日授業受けて、お弁当食べて、部活行って過ごしてたのに。当たり前だけど全然違う道を歩んでいるというをひしひしと感じました。

 

私はというと、この後に及んで今着たい服すらよく分からない。

この春はいつもと違う服を着る!!って意気込んだけど、なんかもうどうでも良くなって。

結局自分の好きそうなシャツを1枚だけ買いました。

そんなこんな。

 

人の生き様に「すごい!!」と圧倒されたり、うらやましくなることもありますが、全く私と同じように生きてる人もいない。

とはいえ何もしてへんやんといわれたらそれもそうだし、いろいろあったといえばそれもそうだし。

 

自分自身の生き様は、一日にしてならず。

一瞬の選択の積み重ねでできていくものだから、一つ一つ選んでいくしかないですね。


f:id:emi-m-ek07:20160322213245j:plain